ひよっこ|向島電機が倒産!乙女寮のメンバーたちはどうなる?

 

朝ドラ『ひよっこ』では、ヒロインのみね子の最初の就職先となる

向島電機倒産してしまいます。

 

この会社はアポロンAR64というトランジスタラジオが主力商品です。

 

みね子も時子らとともにその製造ラインに入って、ラジオの製造作業に

従事することになります。

 

また女子寮の乙女寮に入寮し、課外活動のコーラスに取り組み、

寮生たちとは和気あいあいと活動していきます。

 

にも関わらず向島電機は突然倒産することになってしまい、

乙女塾のメンバーたちもバラバラになってしまいます。

 

みね子やメンバーたちはどうなってしまうのでしょうか?

 

 

向島電機が倒産!乙女寮のメンバーたちはどうなる?

 

スポンサードリンク

 

向島電機が倒産してしまうのは、どうやら昭和40年(1965年)に起こった

「昭和40年不況」が原因のようです。

 

これは実際に起こった不況で、前年までは東京オリンピックの特需に

沸きましたので好景気でしたが、閉幕とともに特需もなくなり、

その反動として起こった不景気です。

 

向島電機でも取引先の大手メーカーからの受注が減少していき、

遂には倒産する羽目になってしまいます。

 

工場は1220日をもって操業終了となって、乙女寮も年が明けて

しばらくしたら閉鎖になってしまいます。

 

そのためメンバーのその後は次のようになってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

谷田部みね子

澄子とともにせっけん工場に再就職が決まるが、工場が不況により

一人しか雇えなくなり澄子に譲り、すずふり亭で働く。

 

助川時子

所属していた劇団のツテで銀座の喫茶店で住み込みで働きながら、

演劇の学校に進学する。

 

青天目澄子

せっけん工場に就職。

 

兼平豊子

食品会社の事務に採用され、定時制の高校にも通う。

 

秋葉幸子

交際相手の高島雄大が勤務する工場に転職。

 

夏井優子

身体が弱いことから東京での転職先が見つからず、

秋田の実家に戻り、魚の加工場に勤務。

 

このように乙女寮のメンバーはバラバラになってしまいます。

 

当初はみね子は澄子と同じせっけん工場に就職が決まりましたが、

不況によりひとりしか雇えなくなってしまい、年下の澄子にこれを譲ります。

 

とは言え幸いなことに行きつけの洋食屋のすずふり亭で接客係を

探していたことから、こちらに収まることになります。

 

乙女寮のメンバーたちとの別れはつらいですが、ドラマの舞台は

すずふり亭に移って、東京編の第2章の開幕となります。

 

ここでみね子は人間的にも大きく成長していきますから、

このあたりは注目ですね~

 

すずふり亭でのみね子の奮闘に期待しましょう!!

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ